--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/09/17

大阪のスーパーの総菜と陳列棚

 暑い暑いが口癖となっていたのがウソのように、朝晩涼しい風が部屋に吹き込んでくるようになった。世の中がどうあろうと、自然は忠実に季節を巡らせる。あっという間に襟を立てることになるのだろうが、季節を感じないような暮らし方はよそうと思いながら、世知辛い流れの方に引き込まれている。何がそうさせるのか。残念ながら私には、まだまだ降りる勇気も捨てる勇気もないということなのだろう。

 

Inkedマニュアルimage_LI

 

 大阪で立ち上げる事業が、いよいよ本格的に進んで、先日、新入社員8名を迎えて研修を始めた。驚くことに、求人募集には80名を超える応募があり、50名を超える方と面接をし、10名の方に採用通知を出したのであるが、2名が入社辞退、1名が研修初日に「私には合わない」と言って帰って行った。競争率10倍の難関を潜り抜けたというのは数字だけで、我々には見る目が全くないのか、入社辞退が3割ということになる。人それぞれ色んな事情があるのだろうと、物分りのいいふりをしないとやっていられないが、正直、ええかげんにせい!という感情を持ったことは否めない。もちろん、我々に欠けているものもあるのだろうが・・・。

 

研修  

 

 “働き方改革”などと言って、この国は本当に大丈夫なのか。隣国ではミサイルをぶっぱなし続け、彼の国では札束を懐に巻いて買い出しに来ているというのに。なんともやるせない気持ちになる。働くことは楽しいことなのに、いつの間にかおかしなことになっている。労働者の権利もいいが、権利よりもっと大切なものがあるだろう。しかし、こうして口を開けば、また誰かが突っかかって来るからやめよう。価値の分からない者に価値の話をしても、面倒くさいだけで何の意味もない。いかん、愚痴っぽい話になってしまったな、話題を変えよう。

 

 さて、住んでいるアパートの徒歩圏にコンビニがない。飲食店も皆無だから、車で出かけて、スーパーで総菜を買って帰る生活となっている。イオンもイトーヨーカドーもないから、地元資本のスーパーである。まあ、スーパーといえば日本のどこでも同じようなものが並んでいるのだが、やはり地域ならではの特徴がある。大阪のスーパーの総菜コーナーには、驚愕の天ぷらが売っている。まずは色に驚く。まっ赤なのである。赤いてんぷらと言えば、思い出すのはカニカマぐらいだろうが、ご当地大阪では、紅ショウガなのである。紅ショウガと言えば牛丼である。次に思い出すのは豚骨ラーメンぐらいか。いずれも細く切り刻んであるのだが、ここの紅ショウガは、そのままズドンである。こ、これ食べるんですか?などと地元の人に聞けば、ボケカスの嵐を浴びるので怖くて聞けないが、どうやらうどんの上に載せるのがポピュラーらしい。うまいまずいは置いておいて、私としては何故そんなことに至ったのか知りたいものだが、それが当たり前の人たちには疑問になりようがない。うどんと紅ショウガ天はお友達という事実がここでは全てなのである。

 

 紅ショウガ天_R

 

 だしのコーナーに行っても、ご当地以外の人は違和感を持つだろう。いわゆる醤油ベースの「つゆのもと」、そう、あのペットボトルに入った万能調味料である。そば、うどんのスープだけでなく、煮物、炒め物、和え物、全てにマッチングするウルトラ優等生調味料であるのだが・・・極端に少ない。しかも、どういうわけか小瓶ばかりである。その代わり、中央にドカンと山積みにされているのは、箱に入った粉末スープである。そう、知る人ぞ知る「ビガシマル」なのである。横綱、いや王者、いやいや支配者である。支配者は、他の小瓶を見下ろしながら「自分ら、わかってんか?ここは大阪やでぇ」と睨みを利かせている。恐るべきことに、「ヒガシマル」の箱には、そばのその字も書いてない。あくまで、うどんのための粉末スープなのである。それは、江戸のそばなど眼中にないという意思表示なのだ。「そばってナニ?食いもんけ?」と鼻くそのような扱いなのである。比べて、うどんは関西のソウルフード、頭に「お」を付けるほどの信奉心である。「おうどんはだしが命やなあ」とにんまりしながら、お湯で溶かした粉末スープをすすり、真っ赤な天ぷらをガブリと口にしてこそ大阪人なのであろう。

 

 yjimageYVVX5G31_R.jpg

 

 と、味噌コーナーの陳列棚を見ると、なんと見慣れた小さな箱がポツリと置かれてあった。あ、赤だしである。そう、名古屋は大阪の敵ではないのだ。「東京は嫌いやけど、名古屋はどっちでもええでぇ」という大阪人ポリシーがスーパーマーケットの陳列棚を通して、堂々と発揮されているのである。もちろん実際に買う人は一部のマニアだけであろう。しかし、置かせてもらっているということに大きな意味があるのである。

 

 「ほう、岐阜から来てるんけ、遠いとこご苦労さんなこっちゃな。しゃーけど自分らええなあ、スキーめっちゃうまいんやろ?」とある人に言われて苦笑いをした。岐阜は眼中どころか、右足の小指の爪の3mぐらい先にある存在らしい。この人には、できるだけ早いうちに「自分、おもろいなあ」(=「同じ戦士として認めてやろう」の意。)と言われてみたいものである。ただ、発音の悪いにわか仕込みの関西弁だけは、しゃべらない方がいいらしい。その瞬間、宣戦布告状態となるという。郷に入れば郷ひろみ。・・・まだまだ、あかんな。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。