FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/08/31

大阪の交通文化

 ここ1か月、大阪にアパートを借り、多治見と行ったり来たりの生活が続いている。おかげさまでクライアントからは正式契約書をいただき、あとはお金をもらうだけというところまで来た・・・ならいいが、んなはずはない。当然のことながら、仕事をしなけれゃお金はもらえないのである。

 とりあえず求人のほうは、さすが都会、なんと50名を超える応募があり、ドライバーの確保は目途がついたのでやれやれではあるが、いよいよこれから研修を開始し、社員送迎バスの本格稼働を目指すこととなる。ところが、頭を抱えている問題がある。ひとことで言えば地域特性というやつなのであるが、つくづくここは外国だと思い知らされているのである。


   2016-08-19_054708861_DD069_iOS_R.jpg

  

   運行計画はもちろん多治見で作った。机の上である。今や実際に走らなくてもデータは得られる時代である。ところが、データがあてにならない場所もあることを知った。実際に走ってみると、机上の論理は全く通用せず、グーグルマップで計測した距離に間違いはないものの、その所要時間たるや想像を絶する食い違いを見せるのである。


 大阪は、信号がやたらに多い。軽自動車がようやく入れるような細い路地にも信号が付けてある。しかも、押しボタン式が圧倒的に多い。ボタンが付いていれば押したくなるのが人情。ましてやここは人一倍好奇心旺盛な人々が住む地域である。誰も彼もが一切の遠慮なしにポチッである。せき止められた自動車の列は長くなり、渋滞は免れない。そこに自転車とバイクである。あちこちから湧き出て来て、渋滞の列をかいくぐり縦横無尽の走りである。従って、自動車は道路を走る脇役という価値観が生まれる。道路の主役は、あくまでも自転車とバイクなのである。結果、主役は道の真ん中を走る。片側1車線の道路では、大型バスがこれを抜き去ることは容易ではない。机上の論理が空論となる所以である。ここは、交通に対しての価値観、文化、風土・・・すべてが特別な場所なのである。


thPPWSGZXR.jpg

 

   ある人が大阪の信号のルールについて教えてくれた。「青は進め」「黄色も進め」・・・「赤は気をつけて進め」だという。止まれがないじゃんか!?あるわけがない、大阪では皆急いでいるのである。急いでいるからしょうがない、が正当な判断基準なのである。

 交差点の角にあるコンビニは、ショートカットのために存在する。バイクならノーブレーキで突っ切るのが常識。そう、急いでいるのである。急いでいるからしょうがない・・・これ以上の正当な理由がいったいどこにあるというのか。

 

サンバイザー

 

 自転車やバイクが多い理由はよくわかる。とにかく道が狭いのである。おまけに山がないから坂がない。坂がないからスイスイなのである。この地域特性が、住民が元来持つ好奇心旺盛な性格と相まって、独自の文化を生み出している。中でも、“大阪のおばちゃんの乗る自転車”は独特である。自己主張の塊が走っているとも言える。これに出会ったら、よける以外に選択肢はない。最初にその姿を見た時、私は思わず急ブレーキを踏んだ。あっけにとられたのである。黒いサンバイザーを顔の前面にずらしたガッチャマン。両手でハンドルを握っているのに、日傘は直角に立っている。それが狭い路地を突進してくるのである。中には、自転車の前面カゴと後輪カゴに子供を乗せ、絶妙にバランスを取りながら走る強者もいる。いやいや、こんなん法律で許していいんすか?であるが、何と言ってもここは大阪。ほっといてんかである。


yjimage.jpg

 

   とはいうものの、大阪と言っても私のいる所は、市内都心部から電車で約20分のところにある藤井寺という街である。大阪平野の南に位置し、東には信貴山を望み、その向こうは奈良である。この辺りは古墳だらけらしいが、アパートの前には田んぼが広がり、その向こうには高校がある。夕方、金属バットがボールを弾く音が聞こえる。実にのどかな場所である。知る人ぞ知る「河内のおっさんの歌」の“河内”であるが、残念ながらまだ、近所で出会った人に「ワレ!」と言われたことはない。何はともあれ、どんなに価値観や文化は違おうと、無事故が一番。安全第一、無事これ名馬。事故のないよう願う心ひとつである。

 

  アパート前_R

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

車両について

お忙しいところ恐れ入ります。
JR久宝寺駅にやってくるAmazonのバスは御社の車両でしょうか?
(和泉200 か19-62)

トップドアに傾斜がついているのが特徴的で、気になっていました。
宜しければ、ボディとシャーシのメーカーや型式などをお教え頂ければ幸いです。

失礼致しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。