--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/07/13

台湾の旅

   沖縄の旅の話のついでに、台湾の話をしよう。ご存じのとおり、地図上で沖縄の左を見ると、そこは台湾である。歴史的に様々な見解はあるが、海外と言っても、かつては日本であった国である。“近くて近い国”台湾だが、まだ私は3回しか訪れていない。最近では、今年の2月、某自動車学校社長がホールインワンコンペを台北でやると言いだし、仕方ないふりをして喜んで参加したのが一番新しい訪問である。

 

たいわん

  

   台北には、セントレアから直行便で約3時間半、帰りは約2時間半程度で行って来られる。LCCもどんどん増便しているので、全国どこからでも最も行き易い海外である。沖縄のさらに南に位置するこの国は、常夏のイメージがあるが、今年2月に訪れた時は、相当寒く、また大雨に祟られた。今回の旅のメインがゴルフだっただけに、とんでもなく痛い目に会うこととなったのだが、主催者の日頃の心がけの悪さ以外、何者でもない。

 台湾ごるふ

  

   そんなわけで、ゴルフの話は語るべくもないので止めておくが、例によって私はわがままを言って、2日ほど旅を延長させてもらった。同行者と空港で別れた30分後に私の携帯が鳴って「飛行機が飛ばへんがや」と欠航の知らせを受け、空港で足止めを喰らう面々の顔を思い浮かべて、腹の底から笑わせてもらったが、とにもかくにも団体行動から離れ、私は台北市内を独りうろつくことにした。

 

   IMG_5092.jpg IMG5095.jpg

  

   まず興味があったのは新幹線である。一般的ではないが、桃園空港からバスを乗り継いで台北駅まで新幹線に乗るルートがあるので、行って見た。発券窓口は長蛇の列ができ、自動券売機で相当苦労してチケットを買って乗ったのは、日本と全く同じ車両の新幹線であった。見事にそのまんまである。日曜日の夕方というせいであったのか、通路に立つのもたいへんなぐらいの乗車率で閉口した。もっとも10数分の乗車である。あっという間に台北駅につき、人波にもまれて駅前の日本人御用達ビジネスホテルにチェックインした。何故、御用達なのか・・・現在、台北のホテルは100%禁煙である。ただし、ベランダの付いている部屋では黙認される。この宿をとった最大の理由がそれなのだが、笑えるほど狭いベランダで寒さに震えホタル族となり、それでもウシュレット付きの部屋で快適に爆睡することが出来た。

 

  IMG_5101.jpg

 

   翌朝目覚めると、すこぶる快調に腹が空いていた。よしここは有名な阜抗豆漿(フーハンドウジャン)へ行って見ようと、Googleの地図アプリに頼って路線バスに乗って行って見た。ところが・・・様子がおかしいと思ったら休みである。こういう時の切り替えの早さには私は自信がある。大体、そうは言ってもたかが豆乳である。どうでもいと思えばどうでもいい食いもんなのである。と、斜め向かいに同じような看板の店を見つけた。永和豆漿と書かれてある。まあ、物は試しと店内に入り、「台北ナビ」の写真と同じものを頼んだら、ああた、これがうまいうまい。人気店である必要なんかまるでないではないか。あの店、休みで良かったんじゃないか?と思える思考は、経営者には必要な資質である。

 

 IMG_5105_R.jpg IMG_5107_R.jpg

  

   さて、腹は満たされたが特に行くあてはない。ふと、その昔テレビ番組で見た「占い横丁」を思い出した。ググると地下鉄4つほどの駅である。胡散臭い占いだったが時間つぶしにはもってこいかも知れない。大体、今でも商売が成り立っているのだろうか。ビジネスモデルとしては、非常に興味が湧く。

 

 横丁は、ビルの地下通路のような所にあった。5軒ほどが軒を連ねていたが、目当ての店があるわけではなく、どうしたものかと思案しているところに、半ば強引におばちゃんに引き込まれた。「はい、ここ座って」と言われるがまま、たたみかける様に生年月日と名前を聞かれ、私の向かいに座った“先生”に通訳を始めた。その後、二三、何かを聞かれた気がするが覚えていない。すると、“先生”は赤い紙に何やらすごい勢いで書き始めた。それを今度はおばちゃんが日本語で同様の紙に書き写し、いきなり一方的に話始めた。「あなたモテるね。女には苦労しない。一生、遊び、大丈夫!」・・・おいおい、いきなり女の話かよ!なんだか「女=遊び」というのが引っ掛かったが、確かに私はモテるし、そう言われて悪い気はしない。「仕事、これからもっとよくなる、大丈夫!」「体、心配ない。水たくさん飲んでね。大丈夫!」・・・あとは何を言われたのかよく覚えていないが、とにかくはっきり記憶にあるのは「女」と「大丈夫」である。まあ、確かに私の人生、そのふたつがあれば充分楽しく生きて行ける。ははあん、さすがプロである。当たるも八卦当たらぬも八卦、お客様を楽しくするのは、他のエンターティメントと同じである。提供側がいる限り、この商売は続いて行くだろう。入れ違いに三人組の若い女性たちが店の前に来て、どの店にしようか迷っていた風だったので私は声をかけた。「どの店も外れはないよ」と。

 

IMG5135_R.jpgIMG_5137_R.jpg

 


 さて、今晩の宿は、台北の奥座敷、北投温泉に取った。ちょっと奮発して露天風呂客室である。もろ、カップル御用達の御籠り系宿であるので、ビビアン・スーを誘いたかったが、まあ彼女も忙しいから、今回は、ひとりで温泉三昧としよう。

 北投温泉は、はっきり言って、我が岐阜が誇る下呂温泉とは比べ物にならない鼻くそのような湯であったが、ただ、微妙に異国情緒と日式が混じる温泉地は、とても面白かった。ここには日本の加賀屋が出店しているが、たまたま修学旅行生の団体が入って行くのを見つけ、日本経済はまだまだ元気だと安堵しながらも複雑な気持ちとなった。まあ、彼らにとっては良い経験に間違いないからいいのだろうが、奮発したつもりの私の宿は、加賀屋の半分以下の料金である。貧乏人は僻みっぽいのである。

 

IMG_5206_R.jpg IMG_5200_R.jpg

  

IMG_5204_R.jpg IMG_5198_R.jpg  

 

 ほんの少しの散歩と、ビール⇔温泉の繰り返しで、あっという間に帰国の時間となったが、久しぶりにゆっくり出来た休日だった。帰り際、潰れたパチンコ屋を見つけた。どう見ても日本の昭和である。歴史のいたずらで結果として海外となった。嫌中嫌韓がブームのようになっていることが残念でならないが、国境という不思議な境界線について考えさせられた。

  

 IMG_5222_R.jpg

 

 てなこと書いていたら、雨降りに祟られ飛行機が飛ばずに延泊したあの同行者から、9月初旬にリベンジゴルフツアーが決定したと携帯に知らせが入った。そうだな、今度は、高雄あたりに足を延ばしてみるか。そうそう、誰かビビアンの携帯番号しらないか?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。