--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/05/13

ブログの行方

 申請したアフィリエイトの審査に即日、というより3時間で落ちた。「審査には1週間~1ヶ月ほどお待ちいただくことがあります」なんて説明書きがあったのに、ゴングが鳴った瞬間に一発KOである。やはり人格か、いや、あのことがバレているのか、してはいけないことばかりして来た人生だからなぁと、ついつい反省してしまったが、いやいや、そんなはずはない。よくよく調べてみると、どうやらブログの実績が問題らしい。つまり、記事がひとつしかなく、誰も訪れていないようなサイトは、入口にも立てないという話だ。それならそうと言ってくれればいいものを、素人は混乱するのである。飽き性かつ怠け者の私は、この時点で、もうどうでもよくなってきているのだが、そうだ貧乏人と金持ちの差はここなのだ。金持ちはとにかくしつこい、執念深い。貧乏人はスグ諦めるから貧乏人なのである。よし、実績を積もう。何をどうしていいのか、さっぱりわからないのであるが、とりあえずは続けることだろう。

 

 ブログの再開をfacebookで告知したら、以前から私のブログのファンだと言うY・Mくんが、「待ってました」と書き込みをしてくれた。誠にうれしいことなのだが、期待に応えなければと少しプレッシャーがかかる。彼の期待については、明確に想像がつく。笑わせろというものだ。そう、私に笑える文章を書けというのである。しかし、こちとら純文学の人間である。え?いつからだって?生まれつきだよ。いいじゃないか本人が言っているんだから。とにかく、人を笑わせる文章など得意としていないのだよ、キミ。ただまあ、人気商売だからね。できるだけ努力はしてみよう。

 

 ライバル会社のある方にも、ファンだと言われたことがある。「しゃちょー、楽しみにしてますよ」って、ニカァと笑われた。この方の期待は、当社の手の内を見せることなのだと思う。次々におかしなことばかりするタクシー会社だから、次は何するんだろうと気になるのだろう。社内には極秘だと言いつつ、ブログで書いちゃうんだからどうしよもないのだが、そもそも秘密なんて成り立つわけがないからいいのである。これは今後も期待に応えられそうである。これは、調子に乗るだけのことである。まあ、書ける。

 

 以前、月とか星とか、そういう類の話を書いたら、ある女性からメッセージが来た。「そんな一面もあるんですね、意外でした」って、そーか惚れたか、俺は元々ロマンチストなんだぜ、うお座だからな。いいのである、うお座はロマンチストだと相場は決まっているのである。しかし、こちら方面の期待は、お笑いより難しい。日々の暮らしの中で、癒し系や恋愛系の出来事なんて、ほとんどないからな。書くのであれば、フィクションである。まあこれもいいか、時折、挟んで差し上げよう。

 

 さて、このブログのタイトルだが、サイトが変わるのを機に、新しいものを付けたいと思ったのである。せっかくなら「龍」の字を入れてみたいと思った。そこで、まず思い浮かんだのが「龍ちゃんの小部屋」である。どうしよもないセンスの悪さ、ベタベタじゃないか。なんかこう大人の雰囲気があって、知的で、きちんと意味のあるもの・・・四文字熟語で「龍」の字が入ったものが何かなかったっけ。臥龍・・・ああ、あれは桜か。昇龍・・・ドラコンズかよ。何か良いものは、というわけで画龍点睛である。端的に言うと、最後の仕上げが肝心という意味である。わしにピッタリではないか。仕事も人生も、そろそろ仕上げの時である。どこにどう点を打つか、今、考えねばならぬ時である。残念なのは、この熟語、「龍」を「りゅう」とは読まず「りょう」と読む。「がりょうてんせい」と読むらしい。まあ、坂本龍馬と同じだからいいか。というわけで、このブログのタイトルが決まったのである。 

 皆さんのご期待に応えられるよう、精進して参る所存である。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。