2018/02/09

デラックス弁当

 大阪から多治見への帰り道、名阪国道を運転中に、ふとあることを思い出して亀山JCTで途中下車した。思い出したのは、ある店のある弁当である。またぁ~、おデブちゃんは食うことしか頭にないからなぁ~とは云うなかれ。確かにそうではあるが、それは私には思い入れのある弁当なのである。弁当と言ってもフタが付いていない。ナニ!?まあまあ、説明しよう。


 今から三十数年前、まだ駆け出しの営業マンだった頃の話である。私の仕事は、段ボールメーカーのルートセールス。定期的に顧客先を周り、段ボール箱や段ボールシートの注文を受けて来る役割である。新しく担当を任された営業先の社長に初めてアポを入れると、「昼飯時に来い」と言われ電話を切られた。いくら礼儀を知らない若造でも、人様のところへ飯時に訪ねることが非常識なことぐらいは知っていた。心配だったので前任者の先輩に聞くと、あそこはいいんだと笑いながらの返事である。


 12時少し前に訪ねると、担当者さんから発注書を渡され、打ち合わせは、ものの5分ほどで終わった。ほどなく社長が奥から出て来られ、「おう、自分の車で付いて来い」と、そのまま外へ出られたので、どこへ行くのかとわけもわからず、社長の車をしばらく追いかけると喫茶店らしきところで車が停まった。


デラックス弁当 


 「デラックス2つ。あ、ひとつは大盛な」とその店の常連らしい社長は、私に確認もせずオーダーした。なんのデラックスなのかと思いきや、出て来たのが「デラックス弁当」だったのである。揚げ物に肉、玉子焼きや焼き魚・・・おデブちゃんの大好物ばかりである。ただし、駆け出しの営業マンには贅沢過ぎる。メニューを盗み見ると1000円である。当時のランチは500円が相場。いやいや、こんな甘い話があるはずがない。これは、相当な値引きを要求されるのか、バックマージンでもという話ではないかと、ただでさえ緊張していた私は、さらに緊張した。なにせ、どんな球が飛んでくるのか、こちとら新人だけに守備範囲は、そう広くない。エビフライが喉に引っ掛かりそうであった。

  

 ところが、社長の口から仕事の話は一切出ない。終始、世間話ばかりで、ますます私はどうしていいかわからなくなった。そんな私を察してか、社長は「いいか、遠慮するなよ、怒るからな。」と笑って言われた後、訥々と話し始めた。

 「実は、お前んとこには随分世話になったんだ。ある時、どうしても手形が落とせなんでな、支払いができずに、お前んとこの社長のところへ行って頭下げたさ。そしたら逆に頭下げられたよ、そんなこと電話で済むことなのに、わざわざお越しいただいてすいませんってな。だから、俺が好きでやってんだ、若い衆が営業に来たら飯のひとつも食わせずに帰させられるかって。」・・・。私は恐縮しながらも、ありがとうございますと言い、遠慮なく平らげた。以来、2か月に一度ぐらいの割でデラックス弁当である。


 会社に帰ると前任の先輩に「弁当ごちそうになっただろ?」と声をかけられた。「ハイ、デラックス大盛です。」と答えると先輩は満足そうに笑った。「そこは甘えていいが、仕事では甘えるなよ」と釘も刺された。今思えば、私は本当に人に恵まれていた。今でも私の営業の基本は、あの方たちにからいただいたものである。


 退社のあいさつに行くと「そうか、残念だな」と寂しげな表情をしていただいたのが社交辞令ではなく、本心であることが伝わって来た。それから一度もお会いしておらず、不義理のままである。今もお元気なら90歳を裕に越えられているだろうが、常識的に考えればお会いすることは、もうできない。10年ほど前、件の先輩も若くして逝かれた。「恩返しは恩送り」・・・常日頃から、そう心掛けているつもりだが・・・。


 街道沿いに今もその店は確かにあった。喫茶店なのか、レストランなのか、一時流行ったドライブインという奴なのか、業態はともあれ、典型的な昭和の店ではあるが、まるで時間が止まっていたかのように、何も変わらず営業されていた。

 メニューを開くと、写真入りでそれは載っていた。いまでも変わらずメニューにあったのである。「デラックス弁当を大盛でお願いします。」・・・ウェイトレスのおばちゃんが明るく返事をしてくれた時、後から入って来たお客さんが席に着く前に「デラックスね。」とおばちゃんに声をかけた。この店の人気メニューなのである。三十数年前と何も変わらなかったが、ただひとつ変わっていたことがあった。メニューのデラックス弁当の価格欄には、1100円と書かれていた。

 

スポンサーサイト
2018/02/01

昨日の敵は今日の友!?

 あっという間に2月である。今年はどんな年になるだろうなんて言っているうちに、始まっちゃっているのである。そんな折、業界紙の一面の見出しを見て、文字通り正月気分も吹っ飛んだ。「全タク連、ウーバーと連携」・・・ん!?どーゆーこと?外敵だぁ!迎合する奴は許さんぞぉ~!てなこと言ってた気がするんだが、手の平返してなんだね、こりゃ。

 

 2018.jpg

 

 もちろん、末端の我々には、道中、何があったのかわからない。まことしやかに聞こえて来ていたのは、中国の滴滴出行(ディディチューシン)が業界一のD社に接触し、インバウンド客対応を中心に連携するだろうという話だけだった。連携の形は、単純である。ディディのアプリでD社のタクシーが呼べる、というものである。今や、インバウンド対応は、国を挙げての最優先課題であるらしい。お金も落ちるし、法律さえも変えてしまう。そこのけそこのけインバウンドが通る、である。

 

 そして、裏事情として、一向に減らない中国人の白タク問題がある。本国で決済するから告発も儘ならない。ディデイとの連携は、特攻薬だと期待される。先日、沖縄で県タク連の会長のお話を聞いたが、タブレットを使った多言語翻訳機を県内の全車に装着予定だという。翻訳機とディデイのアプリで、中国人観光客対応の成果は格段に上がるだろう。

 滴滴_R

 

 すでに、業界最大手のD社さんは、提携タクシー会社を募り始めているという。中国で4億人の登録者を持つ滴滴出行のアプリを導入する日本のタクシー会社が、いったいどれだけの数になるのか、興味津々である。

 

 

 ウーバー_R

 

 一方、ウーバーは、黒船襲来と騒がれながら、これまでタクシー業界との接触を一切断って来た。かくいう私も、実は日本上陸直後、ウーバー日本法人のT社長に、ぜひ会いたいと手紙を書いた。紹介してくれる人もいないではなかったが、正面からのほうがいいと思ったのである。人に手紙を書いて、返事どころか、電話の一本もなかったのは、中二の時にキャンディーズのスーちゃんに手紙を書いて以来である。

 何故、そこまでウーバーが貝になっていたのか理由はわからないが、とにかく、先般ウーバーの人事が刷新されたようである。日本法人の新社長は、打って変わってアクティブだという。年末には、どうやらウーバーが本気で動いていると私の耳にも噂が届いていた。ということは、運行車両は自家用車ではなくタクシーを使う方向でということである。これで、日本のタクシー配車アブリの勢力図が一気に変わる。面白くなって来たぞ!と思った矢先の見出しである。

 

 

 日交アプリ_R

 

 ご存じのとおり、現在、日本でのタクシー配車アプリのシェアトップは、断トツで日本交通さんである。全国にあまたあるアブリでも追随できるものはないほど、その差は歴然としていた。放っておいても寡占率は上がり、その延長線上にコールセンター(配車センター)の受託業務があり、M&A等による系列化が進んで行くのだろうと、私は考えていた。最終的には、日交さんによる天下統一である。そのシナリオは、利用者にとっても業界にとっても良い方向なのだろうと思う。何故なら、行く道には自動運転化が待っている。そうなれば、タクシー業界は大海の荒波に放り出されることとなる。ライバルは、あらゆる業種からニョキニョキ出現する。田舎の中小零細では、勝てるわけがないのである。

 

 さて、全タク連とウーバーの連携、具体的には、どうするのだろうか。私には想像がつかない。つまりは、川鍋会長の腹が全く読めないのである。まさか、全国制覇を諦め、ウーバーにアプリ運営会社を売ることは間違ってもなかろう。インバウンドだけはウーバーに譲るというぐらいしか落としどころはないと思われるのだが、ことは一個の会社の私事ではない。全国のタクシー会社の代表として、ウーバーと連携すると言っているのである。いずれにしても常識的に考えれば、今後、ディディを含めた3社で、全国のタクシー会社の取込み競争が始まることとなる。

 

 げなげな話はいいから、本当のところを知りたい。末端の会員にとっては寝耳に水、青天の霹靂。昨日の敵は今日の友と言われたって・・・。全タク連会長には、説明義務があると思うのだが、今日現在、コメントは聞こえていない。

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。