2017/10/09

痛風ですね

 アパート前の田んぼで稲刈りが始まった。この辺りは、だんじりの本場らしく、どの町内でも通りには提灯がぶら下がり、秋祭りの準備に忙しいようである。真夏に越して来たが、いつの間にか本格的な秋となった。

 

 新しい営業所の立上げが、いよいよ本格化し、コミタクのバスが大阪の街を走り出した。我々の仕事は、時間通りにバスを走らせるという単純かつ明快な仕事だが、これが結構手間がかかる。運賃見積もりから始まり、契約、時刻表等の運行企画策定、車両の調達や求人、教育、営業許可の取得・・・。バスが走り出したら走り出したで、どんな理由にせよ穴をあけることはできない。我々が手を抜けば、立ちどころに巨大物流センターが止まる。予測出得ることすべてに備え、万全を期す。当たり前を当たり前にこなすことに全力を傾ける。仕事は、単純なほど難しいのものなのかも知れない。

 

 始発が朝の6時から動き出し、終発のバスが帰って来るのが夜の11時。労働集約型産業の宿命として営業時間は長い。軌道に乗れば放っておいても回るのだが、立ち上がりはそうはいかない。その全てに付き合わされることになる。産みの苦しみがここにあるのだが、だから起業は面白い。日々何かが確実に変わって行く。それを自らの手で作り上げていく実感は、働き方改革などと怠ける言い訳を考えている輩にはわかるまい。体はしんどいが楽しくてしょうがない、止められない止まらないカルビーの、なのである。

 

 とはいうものの、全てを独りでやれないので、本社から応援に来てもらった。広いと持て余していた2DKのアパートは、たちまち合宿所となった。2日目の夜、相当興奮していただろう私は、“やってしまった”のである。スーパーで買込んだ半額シールの総菜をつまみに、ワイガヤ飲んでいたところ、ふと時計を見ると2時30分を針が指していた。「のやろ、電波時計のくせにいかれてんじゃねーかよ!」と言ったら、「いや会長合ってます」と部長。「は、はい!?」・・・。私は、いつの間にか暴走していたのである。エヴァのそれのように、それはもう誰も手を出すことはできず、神のごとき領域のイッチャッテル状態を呆然と見守るしかなった・・・ようである。次の日、というか、その日、というか、もうすぐ・・・5時になると社員が来る。

 

 th4VCAY953_R.jpg

 

 「バーロー、どうせ俺はクルマ乗らねぇんだし、ちょっとアルコールチェッカー貸せや」と点呼の最中の運転手からアルコール摂取量検知器を掴み取り、ふぅーっと息を吐いてみた。ピピピーッという音と共に液晶画面のバックライトは赤に変わり、「0.25」という数字が出た。「なにやってんすか、遊び道具じゃないっすよ」と運転手に窘められ、「おお、ちゃんと正常じゃねーか、チェックしてやったんだよ」という私に「乗務禁止命令です」って、キミ、何うれしそうな顔してんだよ。

 

 アルコールチェッカー_R

 

 やはり、この世に神様はいる。お天道様は見ている。その日の夜のことである。神は我に罰を与えたもーた。右足の親指付け根部分がピリリとし始めた。ベテランの私にはわかる。痛風の発作である。「来る。きっと来るぅ~♪」サダコを歌っている場合ではない。バーロー、んなもんで酒やめられるかぁ、痛風なんてよー、胃潰瘍や結石と比べたら鼻くそのようなもんだでよー」・・・確かに痛みの順位で行けばそうだが、間違っても鼻くそではない。風が吹いても痛いというのである、痛いのは痛い。靴下も履けないどころか靴も履けないどころか、歩けないということは這うしかない。

 

 痛風ですね

 

 横たわる私を見下げながら、常務である弟は「抵抗力が落ちてんだな」と一言。加齢によるとおっしゃられたいんですね、あーた。「会長、ゆっくり休んどいてください」という運行管理者は、お腹の中は別として、関西弁特有の優しいイントネーションでいかにも心配してますぅという感情を表現する。確かに若くはないか。コミタクを起ち上げた時は、平気で3ヶ月ほどこんな生活をこなした。あれから15年目を迎える。そうだな、自覚しなきゃな。窓の向こうで秋の虫が鳴いている。チンチロリン。

      

 

th-n-00358_R.jpg

 

 ・・・あれから1週間経っても、まだ足の腫れが引かない。右足に「ギブス装着用特殊サンダル」なるものを多少複雑な気持ちでA社の通販で買い、なんとかひきづって動いている。3度目の痛風発作だが、こんなことは初めてである。これまでは2、3日日で腫れと痛みは取れた。そうか、缶ビールを半分にし、芋焼酎を泡盛に変えても効果はないということか・・・。昭和を代表する稀代の作家、青島幸男の名文句が思い出される。よし、わかった、今日は水で薄めよう!

あの人は、まことの天才である。

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。