2018/05/15

ドラッグストアの198円弁当

 近所にドラッグストアが乱立している。ドラッグストアといえば、薬屋さんのはずだが、最近では肉や野菜も並んでいて、ということは、競合相手はスーパーマーケットにまで至るということだ。あれでやって行けるのだろうか?と、ついつい商売人としての好奇心が沸く。 

 

 商売人といえば、かつて飲食店でひどく家人に叱られたことがある。ブツブツ言わず、黙って食えと言うのであるが、本人はそんなに文句を並べたつもりもなく、ただ、これは冷凍食品で在庫が利くからいいとか、原価率がいくらだろうとか、もっとこうすれば効率が上がるのにとか・・・。まあ、お店にとっては余計なお世話なのだが、つまりは、家人にとっても余計な話なのである。

 

 あんたは金の話ばかりするとも言われた。そんな言われ方をすると、銭に汚い守銭奴のような非難を浴びせられているように思うから、温厚なリュウちゃんもカチンとくるのだが、こちとら365日24時間、売上や資金繰りのことが頭から離れないのである。万一、給料遅延でもした日には、この腹掻っ捌いて詫びなきゃならん立場なのであり、常に他人の商売から何かヒントはないものかと、ない頭で考えているのである。そんな生活を40年もして来た。今更どうしようもない性なのだ。

 

 さて、ドラッグストアである。ある平日の午前中、トイレットペーパーを切らして買いに出た。え?なに?いや、そりゃ俺だって自分のケツぐらい自分で拭くよ。だから、トイレットペーパー買いに行って何が悪い。あ、そう、そういう話ではないんだね。まあそりゃ、いいとして、まず驚いたことは、男性高齢者の買い物客が多いことである。おそらく一人暮らしなのだろう。奥さんに先立たれたのか逃げられたのかは別として、おじいちゃんが一人で買い物しているのである。買い物カゴの中身を盗み見ると、食品か多い。惣菜とお弁当が目に付く。なんだか侘しいなあと思ったが、振り返れば我も全く同じである。スーパーの総菜で晩酌する毎日なのである。

 

 198弁当

 

 

 早速、お弁当コーナーを覗いて見ると、さすがにスーパーほどではないが、結構な種類と量である。ただ、値段を見て驚いた。メインのお弁当が298円である。ニッキュッパって語呂はいいが、いやはや安い。お弁当の中身も捨てたもんじゃない。幕の内風のものから丼物まである。いや、ちょっとこりゃ安すぎるんじゃないかと思いながら、ならば、いっそのこと198円のやつを食ってみようと「のり弁」を手に取り、あまりに色が悪いので、隣に並んでいたカットレタスとともに昼食にしようと買って帰った。

 

Inked198成分表_LI  

 

 

 それにしても198円かぁ。こんなんで元が取れるのかねぇ。やっぱ、やばいんじゃないか?アカンやつで作ってあるとか。と思いながら何が入っているのか、弁当の裏に貼ってあるシールを見てみた。サ、サッカリン!?ええ!?大丈夫かよ。うーん、pH調整剤・・・V.C・・・赤106、赤102っていったいなんだ?説明になってないよ、これじゃ。わけがわからんけど、体によさそうなもんは入ってなさそうだね。と、カットレタスの封を開けると、あらら、色が変わってんじゃん!こりゃ気持ち悪くし食えねーよ。ま、いいか、野菜は夜採ろう。

 

 レタス

 

 味は悪くない。うまくもないが、かといって食えないレベルではない。そーか、ひとり暮らしのおじぃちゃんたちは、こういうものを食っているのか。アカンやつだろうが何だろうが、どうせ老い先短いこの身の上、お弁当に何が入っているか、どうでもいいのかもしれない。おお、いわゆる悟りというやつか。ん?ちょっと違う?大切なのは、中身より誰と食うかなのかも知れない。飯は、誰と食うかで味が違う。これは、ちょっとした社会問題か。

 

 それにしても、丸まる儲けても198円である。ドラッグストアは、なぜ成り立っているのか、ますますわからなくなって来た。何か秘密があるはずだが・・・。あまりにも儲からないタクシー業である。隣どころか、10軒先の芝生まで青く見える状態だ。何かヒントはないかと、ついつい考えてしまう毎日なのである。

スポンサーサイト
2018/04/30

未来予想図


 今、猛烈にスズメちゃんにハマっている。お前、鳥嫌いだっただろうって、違う、そっちのスズメではない。NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い」である。主人公の楡野鈴愛(「にれのすずめ」と読む)ちゃんが愛くるしく、おじさんは毎朝8時、仕事もせずに感涙に咽び、心打たれているのである。


yjimage[2]

 

 ドラマの舞台が、我が郷土の岐阜県東濃地方ということで見始めたのだが、俳優たちの下手な方言にイラッとするのはさておいて、いやいやなかなかできたドラマである。大阪万博の年に生まれたスズメちゃんは、小学生の時、左耳が全く聞こえないという障害を持つことになるが、明るく天真爛漫な性格は、どんな時にもポジティブである。やがて高校生となり、地元の農協に就職が決まるが、同じ日に生まれた幼馴染の律(りつ)の勧めで読んだ漫画に目覚め、突然、東京へ行って漫画家になると言いだす。はたして家族たちは騒然。この後、いったどうなるのか、おじさんは、どんどんハマって行くのである。


 先日、商業高校の先生方の前で話をさせていただく機会を与えられた。中小企業が必要とする人材についての話を乞われ、5分で済むような話を90分かけてしゃべった。

 身も蓋もない話だが、そもそも高校新卒の子供さんたちに、多くを期待するような経営者はいない。ましてや中小企業にとっては、成績優秀者など回って来るはずもないのだから、元々、能力や資格など、どうでもいいのである。求めるものは、素直であること、これ以外ない。素直さは人間力の源である。人格の基礎となる。どうか、高校教育の場で、人間力を磨くよう指導していただきたいと、もっともらしく話を締めくくったが、90分持たせるためには、それじゃあ埒があかない。そこで、今の高校生が人生の絶頂を迎える30年後の未来予測の話を取り混ぜさせていただいた。


 30年後、今の弊社は、ほぼ確実に無くなっている。いや、会社としては存続しているのかも知れないが、形は今のままのわけがない。なにせ、自動運転車が走り回っているはずなのである。無人タクシーに無人バスである。こうなるとスケールメリットが出せる大手資本が圧倒的優位である。また、我が業界だけではない。例えば、愛知の、いや日本の基幹産業である自動車産業が危うい。内燃機関で動く自動車は、部品点数が多く裾野が広いので、経済価値は高かっただろうが、一部の途上国を除いては走ることはない。代わりとなる主役は、タイヤに組み込まれたモーターで動く電気自動車である。おまけに、カーシェアリングで個人の自動車保有率は格段に下がり、自動車は今ほど売れないのは確実である。現在の下請け構造に支えられている自動車産業は、崩壊の可能性が高いと言わざるを得ない。


グーグル自動運転者_R

 

 AIやIOTが進化し、この先、産業構造は一変する。生半可な変革ではない。300年前にヨーロッパで起こった産業革命を上回る激変であろう。人々の生活は劇的に変わり、同時に働き方や「お金」自体も変わって来る。そうなると人々の価値観や人生観までもが一変するはずだ。そんなテクノロジーの進化の中で、中小企業がどう巻き込まれ、どう生き残るか、なのである。そんなもん、わかるわけがない。グリコの看板である。


 なかでも仮想通貨の登場で、「お金」が変わる影響が大きいと思う。国家の発行する「法定通貨」ではなく、様々な「お金」が世の中に出来て来る。地域やメンバーを限定して使うものや有効期限付きなんてのも現れるだろう。融資不可、利息不可なんていうのも出来るのかも知れない。それが、すなわちそれぞれの経済圏を構成する。どこの経済圏に参加するのかは、個人の自由である。ここに、資本主義社会崩壊の可能性が湧く。新たな価値を持ってする社会の誕生である。ん?何言ってのかわかんないって?そだねー!資本主義に洗脳され切っている“昭和世代”では、理解できるはずがないのである。

 

yjimage[7]

 

 若い人たちが、これから新たな価値観を見出し、新たな社会を創り出して行く。できればそこには、競争や格差がなく、卑怯もんが排除される社会であって欲しいと願う。スズメちゃんのように明るく真っ直ぐな正直もんが幸せになれる社会であるように祈っている。世の中を変えるのは、いつも、余所者・馬鹿者・若者であるらしい。大丈夫、恋するフォーチュンクッキー、未来はそんな悪くないよ、ヘヘイヘイ、である。あと30年後、私は87となっている。50過ぎればいつでもいい、と思っていたのだが・・・30年後の社会、・・・できれば見てみたいものである。


 

2018/02/09

デラックス弁当

 大阪から多治見への帰り道、名阪国道を運転中に、ふとあることを思い出して亀山JCTで途中下車した。思い出したのは、ある店のある弁当である。またぁ~、おデブちゃんは食うことしか頭にないからなぁ~とは云うなかれ。確かにそうではあるが、それは私には思い入れのある弁当なのである。弁当と言ってもフタが付いていない。ナニ!?まあまあ、説明しよう。


 今から三十数年前、まだ駆け出しの営業マンだった頃の話である。私の仕事は、段ボールメーカーのルートセールス。定期的に顧客先を周り、段ボール箱や段ボールシートの注文を受けて来る役割である。新しく担当を任された営業先の社長に初めてアポを入れると、「昼飯時に来い」と言われ電話を切られた。いくら礼儀を知らない若造でも、人様のところへ飯時に訪ねることが非常識なことぐらいは知っていた。心配だったので前任者の先輩に聞くと、あそこはいいんだと笑いながらの返事である。


 12時少し前に訪ねると、担当者さんから発注書を渡され、打ち合わせは、ものの5分ほどで終わった。ほどなく社長が奥から出て来られ、「おう、自分の車で付いて来い」と、そのまま外へ出られたので、どこへ行くのかとわけもわからず、社長の車をしばらく追いかけると喫茶店らしきところで車が停まった。


デラックス弁当 


 「デラックス2つ。あ、ひとつは大盛な」とその店の常連らしい社長は、私に確認もせずオーダーした。なんのデラックスなのかと思いきや、出て来たのが「デラックス弁当」だったのである。揚げ物に肉、玉子焼きや焼き魚・・・おデブちゃんの大好物ばかりである。ただし、駆け出しの営業マンには贅沢過ぎる。メニューを盗み見ると1000円である。当時のランチは500円が相場。いやいや、こんな甘い話があるはずがない。これは、相当な値引きを要求されるのか、バックマージンでもという話ではないかと、ただでさえ緊張していた私は、さらに緊張した。なにせ、どんな球が飛んでくるのか、こちとら新人だけに守備範囲は、そう広くない。エビフライが喉に引っ掛かりそうであった。

  

 ところが、社長の口から仕事の話は一切出ない。終始、世間話ばかりで、ますます私はどうしていいかわからなくなった。そんな私を察してか、社長は「いいか、遠慮するなよ、怒るからな。」と笑って言われた後、訥々と話し始めた。

 「実は、お前んとこには随分世話になったんだ。ある時、どうしても手形が落とせなんでな、支払いができずに、お前んとこの社長のところへ行って頭下げたさ。そしたら逆に頭下げられたよ、そんなこと電話で済むことなのに、わざわざお越しいただいてすいませんってな。だから、俺が好きでやってんだ、若い衆が営業に来たら飯のひとつも食わせずに帰させられるかって。」・・・。私は恐縮しながらも、ありがとうございますと言い、遠慮なく平らげた。以来、2か月に一度ぐらいの割でデラックス弁当である。


 会社に帰ると前任の先輩に「弁当ごちそうになっただろ?」と声をかけられた。「ハイ、デラックス大盛です。」と答えると先輩は満足そうに笑った。「そこは甘えていいが、仕事では甘えるなよ」と釘も刺された。今思えば、私は本当に人に恵まれていた。今でも私の営業の基本は、あの方たちにからいただいたものである。


 退社のあいさつに行くと「そうか、残念だな」と寂しげな表情をしていただいたのが社交辞令ではなく、本心であることが伝わって来た。それから一度もお会いしておらず、不義理のままである。今もお元気なら90歳を裕に越えられているだろうが、常識的に考えればお会いすることは、もうできない。10年ほど前、件の先輩も若くして逝かれた。「恩返しは恩送り」・・・常日頃から、そう心掛けているつもりだが・・・。


 街道沿いに今もその店は確かにあった。喫茶店なのか、レストランなのか、一時流行ったドライブインという奴なのか、業態はともあれ、典型的な昭和の店ではあるが、まるで時間が止まっていたかのように、何も変わらず営業されていた。

 メニューを開くと、写真入りでそれは載っていた。いまでも変わらずメニューにあったのである。「デラックス弁当を大盛でお願いします。」・・・ウェイトレスのおばちゃんが明るく返事をしてくれた時、後から入って来たお客さんが席に着く前に「デラックスね。」とおばちゃんに声をかけた。この店の人気メニューなのである。三十数年前と何も変わらなかったが、ただひとつ変わっていたことがあった。メニューのデラックス弁当の価格欄には、1100円と書かれていた。

 

2018/02/01

昨日の敵は今日の友!?

 あっという間に2月である。今年はどんな年になるだろうなんて言っているうちに、始まっちゃっているのである。そんな折、業界紙の一面の見出しを見て、文字通り正月気分も吹っ飛んだ。「全タク連、ウーバーと連携」・・・ん!?どーゆーこと?外敵だぁ!迎合する奴は許さんぞぉ~!てなこと言ってた気がするんだが、手の平返してなんだね、こりゃ。

 

 2018.jpg

 

 もちろん、末端の我々には、道中、何があったのかわからない。まことしやかに聞こえて来ていたのは、中国の滴滴出行(ディディチューシン)が業界一のD社に接触し、インバウンド客対応を中心に連携するだろうという話だけだった。連携の形は、単純である。ディディのアプリでD社のタクシーが呼べる、というものである。今や、インバウンド対応は、国を挙げての最優先課題であるらしい。お金も落ちるし、法律さえも変えてしまう。そこのけそこのけインバウンドが通る、である。

 

 そして、裏事情として、一向に減らない中国人の白タク問題がある。本国で決済するから告発も儘ならない。ディデイとの連携は、特攻薬だと期待される。先日、沖縄で県タク連の会長のお話を聞いたが、タブレットを使った多言語翻訳機を県内の全車に装着予定だという。翻訳機とディデイのアプリで、中国人観光客対応の成果は格段に上がるだろう。

 滴滴_R

 

 すでに、業界最大手のD社さんは、提携タクシー会社を募り始めているという。中国で4億人の登録者を持つ滴滴出行のアプリを導入する日本のタクシー会社が、いったいどれだけの数になるのか、興味津々である。

 

 

 ウーバー_R

 

 一方、ウーバーは、黒船襲来と騒がれながら、これまでタクシー業界との接触を一切断って来た。かくいう私も、実は日本上陸直後、ウーバー日本法人のT社長に、ぜひ会いたいと手紙を書いた。紹介してくれる人もいないではなかったが、正面からのほうがいいと思ったのである。人に手紙を書いて、返事どころか、電話の一本もなかったのは、中二の時にキャンディーズのスーちゃんに手紙を書いて以来である。

 何故、そこまでウーバーが貝になっていたのか理由はわからないが、とにかく、先般ウーバーの人事が刷新されたようである。日本法人の新社長は、打って変わってアクティブだという。年末には、どうやらウーバーが本気で動いていると私の耳にも噂が届いていた。ということは、運行車両は自家用車ではなくタクシーを使う方向でということである。これで、日本のタクシー配車アブリの勢力図が一気に変わる。面白くなって来たぞ!と思った矢先の見出しである。

 

 

 日交アプリ_R

 

 ご存じのとおり、現在、日本でのタクシー配車アプリのシェアトップは、断トツで日本交通さんである。全国にあまたあるアブリでも追随できるものはないほど、その差は歴然としていた。放っておいても寡占率は上がり、その延長線上にコールセンター(配車センター)の受託業務があり、M&A等による系列化が進んで行くのだろうと、私は考えていた。最終的には、日交さんによる天下統一である。そのシナリオは、利用者にとっても業界にとっても良い方向なのだろうと思う。何故なら、行く道には自動運転化が待っている。そうなれば、タクシー業界は大海の荒波に放り出されることとなる。ライバルは、あらゆる業種からニョキニョキ出現する。田舎の中小零細では、勝てるわけがないのである。

 

 さて、全タク連とウーバーの連携、具体的には、どうするのだろうか。私には想像がつかない。つまりは、川鍋会長の腹が全く読めないのである。まさか、全国制覇を諦め、ウーバーにアプリ運営会社を売ることは間違ってもなかろう。インバウンドだけはウーバーに譲るというぐらいしか落としどころはないと思われるのだが、ことは一個の会社の私事ではない。全国のタクシー会社の代表として、ウーバーと連携すると言っているのである。いずれにしても常識的に考えれば、今後、ディディを含めた3社で、全国のタクシー会社の取込み競争が始まることとなる。

 

 げなげな話はいいから、本当のところを知りたい。末端の会員にとっては寝耳に水、青天の霹靂。昨日の敵は今日の友と言われたって・・・。全タク連会長には、説明義務があると思うのだが、今日現在、コメントは聞こえていない。

 



2017/12/29

今年もお世話になりました

   気が付いたら今年もあと数日。永く年中無休の商売をやっていると、年末年始もピンと来なくなるものだが、さすがにブログぐらいきちんと閉めなきゃなと思い立った。区切りがあるというのはありがたいもので、1年を振り返り、リセットボタンを押して新たな年を迎えようという先人が作った慣習は素晴らしいと思う。来年に希望を燃やすのである。


年末_R

 

   さて、今年は私にとって激動の1年だった。昨年の今頃は九州にいた。地域密着のバス事業にありながら、遠隔地で営業所を起ち上げるという前代未聞のチャレンジだったが、まさに青天の霹靂。予想もしない出来事により頓挫し、撤退した。


 その敗戦処理も終わらないうちに、今度は大阪の話が持ち上がった。物が言えない子供でも、痛い思いをすれば二度と同じことをしないものだが、私は元々思考回路がおかしいのか、どう考えてもリベンジのチャンスとしか思えず、間髪入れずに飛びついた。懲りない奴なのである。


Cyrrxds4thJe1rSEeeTPZbxiS7D746BquHFdv6RRYMgpX92IB_R.jpg

 

   幸い、痛い思いから学んだこともある。考えてみれば滅茶苦茶な話だが、クライアントに事務所や車庫の設備投資なんてできないから、あんたんとこの土地と事務所を貸してくれと、プロポーザルの席でしれっと言って見ると、「なるほど」と通ってしまった。これ以上の詳細は契約上、申し上げられないが、実は双方にメリットのある提案なのである。痛い思いをしたからこそ出た知恵なのである。


 ところが結局、今期決算は大赤字である。しかも額がとんでもない。経営者としては、切腹もんだが、あたりまえである。2ヶ所も進出し、1ヶ所はポシャリ、始まった1ヶ所も売上は期づれで来期からしかカウントされない。なぁに、決算なんて動いている数字を無理に止めて切り取っただけのものである。そのうちマックロクロスケでいっぱいになる。過去にしか金を貸さない金融機関には通用しないだろうが、どういうこともない。

 


logo_vertical_R.jpg

 

  

   一方で、今年は、どでかい夢を持つプロジェクトも立ち上がり、未来シェアという公立はこだて未来大学発のベンチャー企業設立の一員として末席に加えさせていただいた。資本の集まり方や業務提携依頼が中小企業とは全く違うことに驚き、興奮した。「あいのり」という新たな公共交通手段を産出すために、大学が開発したシステムで、地域公共交通に革命を起こすことが狙いである。団塊の世代が自ら自家用車を運転できなくなった時、社会は我々に感謝すると、私は信じて疑わない。来るべき自動運転の時代にも求められるツールである。これが叶えば、もう死んでもいいと思う。それぐらいのものに出会えたことに感謝している。来年は、いよいよ具現化して行く。誠に楽しみである。

 

 

T2YaBkpu3r7dNQTGGYdC3MvWte1BUnzKSL1JHMtSKoopX92IB_R.jpg


 さて、私がライフワークとしているバックパッカーもどき旅行・・・マイル利用の貧乏旅行だが、ドミトリーには泊まる根性がない・・・今年は、台湾2回、香港、マカオ、ベトナムへ行くことが叶った(韓国は数に入れない)。仕事の絡む国内では、凄まじい。武雄温泉、別府温泉、鹿児島、函館、防府、福山鞆の浦、備前高松城址、諏訪、松山、高松、和歌山、那覇、久米島、明石・・・もちろん、東京・大阪は数には入れない。多動性症候群の本領発揮である。それでも例年より少なかった。実務に追われた証拠である。新規事業は、とにかく予期せぬトラブルが生じる。現場から離れ、企画屋として生きて行くと心に決めながら、点呼記録簿に印鑑を押しているようでは0点であるが、これも仕方がない。ローマは一日にしてならず、である。


 とにもかくにも年が明ける。希望に満ちた年である。来年は、さらに新規営業所を1ヶ所立上げ、新規事業の計画もある。未来シェアプロジェクトも拡大をして行き、アンコールワットを見て、もう一度ホーチミンのおねぇちゃんに会いに行かねばならないし、ハワイでゴルフもしなければならない。そう、そういうふうに、したいことだけをやり、嫌なことは一切せず、行きたい時に行きたい所へ行く。それが為の人生である。


 本年も誠にお世話になりました。


 来年もよろしくお願い申し上げます。


 良い年をお迎えください。


平成29年 年末


岩村龍一


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。